2016年12月

人間の体って寝なくても良いようにはできていないんです。

また運動しなくていいようにはできていません。

運動といっても、子どもがする運動とお年よりがする運動とでは全然違います。

風邪をひいてお医者さんに言っても、とにもかくにも水分は摂るように言われ、食べれるものは口当たりのいいものを食べるように言われたりするので、とにかく栄養をつけてください!というお医者さんはなかなかいません。

この動作を10回ほどリピートする事によって太ももがパンパンに張ってきますね?実はこれこそが成長ホルモンの分泌を促す状態なんです。

ある程度発展しきっている大人であれば、水分さえ摂っていれば特に問題ないといいます。

皆さんは、日頃決まった的に運動をしていますか!?歳をとるほどに、体は動かなくなってくるのです。

ですので、最初は少しずつ始めてみて、なれてきたら少しずつスローリフトを取り入れるのが挫折をしないやり方なのではないかと思います。

その中身は、ネズミが二匹いて、一匹に反対には、寝かせることなくひたすらえさを与えて、もう一匹には、えさは全く与えずに、ひたすら寝かしたとういのです。

やはり始めるのであれば、帰するところ続けたいし続ける事に意味がありますので、どうぞ頑張ってみましょう!。

という事で、睡眠はとっても大事だという事がわかりますね。

この実験でもわかる通り、人間でも同じ事が言えそうです。

実はこの、成長ホルモンは睡眠中に分泌されるのですが、とりわけ睡眠後30分から1時後のノンレム睡眠(深い眠り)の時に多く分泌されるのだといいます。

ランクアップホルモンは睡眠中に肌の新陳代謝を活発化させたり、血行を促進して肌の老廃物を取り除いたりする働きがあるため、美肌の維持、シミやシワの防止には欠かせません。

お肌の為にも、体の為にも規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠時間を確保しましょう。

昔から「風邪は栄養より睡眠」なんてことば聞いたことないのですか!?風邪をひくと栄養をたっぷりととれば良くなるなんて言う人もいますが、実は栄養よりも睡眠の方が大事だったりもします。

健康を維持するためにも大切な睡眠ですが、もちろん美肌を完成させるためにも睡眠は不可欠です。

実を言えば、若返るホルモンを分泌させる為には、運動が効果的だという事なのです。

日頃運動をしていなくて、さて運動を始めようと思ってもなかなかハードな運動もできなければ、いきなり体に負担がかかるトレーニング法もきつかったりしますよね。

その運動というのも、「スローリフト」というトレーニング方法で、ゆっくりと途切れることなく行うエクササイズの事なんです。

小学校や中学校などに通う学生の皆さんは、日頃体を動かしているかと思いますが、トシをとるにつれて体を動かさなくなりますよね。

昔何かのテレビで、実験番組をしていました。

さて、この二匹のネズミはどっちが長生きしたと考えますか!?正解は、えさを何も食べずにひたすら眠っていたネズミなんです。

このスローリフトというトレーニング法は筋肉痛になるわけで、ホルモンの分泌を促すので結構負担がきつかったりもしそうですよね。

一例を挙げれば、ひざを屈伸させて立ったりしゃがんだりするスクワットを行う場合、太極拳のようにゆっくり立ち上がり、完全に直立する前に再び自分のペースでとひざを曲げていきます。

このスローリフトというトレーニングを習慣化する事でレベルアップホルモンの分泌が促進されるんです。

また、毎日のクレンジングも重要です。
@コスメでも高い評価を受けている、口コミで評判のいいアテニアのクレンジングなどが効果的ですよ。

かかとがかゆい、硬い、ぼろぼろ・・・

そんな女性はおおいかと思います。

私も、悩んでいたのですが、足湯、軽石、靴下によう保湿、クリームなどによって
以前より、だいぶ改善してきました。

お肌が弱いかたは、あかすりタオルなどでも良いでしょう。

乾かすしているからといって、保湿クリームを塗ればそれで良いかというとまったくそうではありません。

睡眠時は如何にでしょう。

そういたしますと、新しい細胞が作られにくくなりますから新陳代謝も鈍り、角質だけがどんどん厚くなってしまいます。


根本的な部分を改善しつつ、表面的な対策も施さなくては一時的な改善にすぎませんから、はっきり申しますと何の意味もないのです。

すると、奥行きを増した角質も、必死に削ったり擦ったりしなくても徐々に薄くなってゆきます。

経験したことのあるかたは、その痛みをもう経験したくないと考えますよね。

年中シャワーだけのかたは、バスタブに入るかたよりも、かかとの角質が厚くて乾かすしやすい性質にあります。

如何にしたらかかとの厚い角質を取り除き、ひび割れを起こすほどのひどい乾かすを免れることが可能なのでしょう。
http://spr5hpra.jugem.jp/

もう二度と見苦しいかかとにならないようにという予防を目的として、靴下を履くのがベストチョイスです。

できれば、こういった靴下を使用する前に、一度、厚くなった角質を薄くしておくのがベストでしょう。

まして、全体重が必要になるかかとですから、歩くたびに激痛を伴うケースもあります。

保湿クリームだけ毎日塗り続けても、塗布した直後だけはよくても、またもうに乾かすがはじまり、見苦しいかかとになってしまうのは、それ故です。

そのために、色々な方法があるわけですが、そのひとつとして「靴下を履く」という方法があります。

一度に薄くしようとして、ごしごしこすり過ぎるのは絶対にいけません。

日々の習性として、ぜひ足湯を行ってください。

ゆったりと時間をかけた入浴や足湯によって、最初に足先やかかとまでの血行をよくしてあげてください。

いつも、靴下を履いているけども乾燥するというかたもいらっしゃることと思いますが、あなたは真夏でも靴下を履いていらっしゃいますか。

毎日の足湯によって次第に血行がよくなってきますと、かかと部分の皮膚にも栄養がゆきわたりますから、新陳代謝によって新しい細胞が作られると併せて、オールド細胞は剥がれてゆきます。

もちろん血が出てくるほどの事例も少なくないのです。

まずは、日々の入浴を再考てください。

かかとの角質がどんどん厚くなり、乾燥が進んできますと、ひび割れを起こします。

厚くなっていても、そこはあなたの大切な皮膚なのだという事を忘れずに、少しずつやってゆきましょう。

言うまでもなく、乾燥している角質をふやかすためでもありますが、一度にたくさんの角質を擦ったり削ったりしてはいけませんから、通常は血行を良くするためと考え、軽く削るのは週に1〜2回程度でも充分です。

と申しますのは、バスタブに浸かっている事によって、角質がふやけて柔らかくなり、その柔らかくなったかかとをバスタブから出てこすり洗いする事により、古い角質が垢となって剥がれてくれるからです。

なにかしら自分なりの理由があって、必然的にシャワーだけで入浴を済ませたいというかた、しかも、ちゃんとバスタブで入浴しても、睡眠に入るまでの間に、足がそっくり冷えてしまうというかたは、足だけでもお湯に浸ける習慣をつけると良いですよ。

そのため、バスタブに浸かる時間を少し長めにするか、それでのぼせてしまうようならば、足湯のように足だけお湯に浸けてふやかすのでもかまいません。

足が冷えているということは、血行が良くないということですから、足の部分に充分な栄養がまわってこないということになります。

角質は、削っても削っても、作られる要件が揃っていれば、またもうにどんどん作られて厚くなってゆきますから、根本的なところを改善することは大いに重要です。

このタイプの靴下は、たくさんの種類が提供されていて、それぞれにかかとを乾かすさせないための独自性がなされています。

当然、塗ってから履けばなお影響倍増です。

そして、費用もそれほど高価なものではないのですので、数種類の靴下を購入して、諸々試してみると良いですよ。
アンチエイジングの鬼
かかとの見苦しさは、厚くなった角質の乾燥を改善してあげれば自然に艶やかになってきます。

ここで言う「靴下を履く」と申しますのは、真夏でも睡眠中でも、とにもかくにも靴下を履いているという事です。

昔からあります「軽石」でも良いですし、このところは金属で出来ているかかと用のやすり(ヘラ)などもありますね。

固くなった皮膚がひび割れてくるのですから、その痛さは経験していなくとも想像はできますね。

貴女のかかとの乾燥が改善される靴下に出会える事と思います。

普通の靴下の時には、化粧水や保湿クリームをたくさんカラーリング込んでから履くと良いのですが、これらの工夫された靴下は化粧水や保湿クリームなどを塗る不可欠がありませんので、非常に気楽に使用する事が出来ます。

もしくは、シルクで作られた靴下がベストチョイスです。

剥がれた量が、新たに増大してくる細胞よりも多い場合には、厚みはどんどん薄くなってゆきますが、剥がれる量が少なく、新たに作られる角質のほうが多々ある時には、どんどん厚みがましてしまいます。

とにもかくにもかかとの角質をふやかして、擦りおとしてゆきましょう。

できれば、かかとの乾燥を防ぐ事に重点を置いて製作された靴下が良いですね。

道具を使って、少しずつ角質を薄くしてゆきましょう。


↑このページのトップヘ